トップへ » 治療について » インプラント治療

【インプラント治療】自然な噛み心地を再現する

インプラント治療

インプラント治療とは、虫歯・歯周病などにより歯が抜けてしまった部分に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療法です。

失った歯の機能を取り戻す治療法としては、入れ歯やブリッジ等もあります。それぞれの治療法にはメリットとデメリットがありますので、どの治療法がいいかは診察の際にお話させていただければと思います。

インプラントは、入れ歯やブリッジに比べると、自然な噛み心地を再現することができ、見た目も美しくできる治療法と言えます。保険外の治療となってしまいますので、費用が高くなってしまうという面もありますので、そういったことも踏まえてご検討いただければと思います。

このページでは、インプラント治療についてご説明いたします。

当院のインプラント治療の特徴

CT撮影【当院の特徴1】CT撮影で確実な治療を
インプラント手術では顎の骨や口内の状態を把握することが大切になります。診断の際や術中にもCTで撮影することで、経過を確認しながら、確実な治療を行わせていただくことが可能です。患者さんに安心して手術を受けていただくために、CTを用いた安全性の高い治療をご提供できることが当院の特徴のひとつです。

【当院の特徴2】メスを用いない「フラップレス治療」も可能
一般的なインプラント手術用に、メスを使っての歯肉を大きく切る必要のない治療がフラップレス治療です。

<フラップレス治療のメリット>
●メスで切らないため、出血が少なく、手術後の腫れや痛みも大幅に軽減できる
●メスで切らないため、手術時間が短縮できる。また、来院回数も低減が可能

手術前にCTにより、インプラントを埋め込む最適な位置をシミュレートし、正確にインプラントを埋め込むための手術用テンプレート(ガイドサージェリー)を作ります。そうすることにより、歯肉を切らずにインプラント手術をすることができるのです。

フラップレス治療を行えないケースもありますので、詳しくは診察の際にお話させてください。

【当院の特徴3】ガイドサージェリー(手術用テンプレート)
これにより、インプラントを正確な位置に埋入が可能となります。このガイドを用いることで「フラップレス」の手術が可能になります。

より安心していただけるインプラント治療のために、顎の骨に合わせたマウスピースのようなものを作り、口の中をガードしながら正確にインプラントを埋め込む治療法がガイドサージェリーです。

滅菌環境【当院の特徴4】シッカリとした滅菌環境
外科手術が必要なインプラントは滅菌が大切です。当院ではバキュクレープ31Bといった専門の機械などを用いて、手術室すべてを滅菌しております。

院長の直接治療【当院の特徴5】院長が直接治療を行います
他のドクターにまかせることなく、当院の院長が責任を持って、インプラント治療に取り組ませていただきます。院長は日本口腔インプラント学会に入っており、講習会や勉強会へ常に参加しながら最新の技術を取り入れることを重視しています。

インプラント治療の流れ

1.診察と治療計画
まず患者さんの全身状態と口腔内の状態の診察を行わせていただきます。その際、顎の骨のCT撮影を行い、骨の量と質を確認いたします。診察やCTのデータを用いて、治療計画を立てます。

次へ
2.インプラント体の埋入と治癒
口内に局部麻酔をかけて、外科手術により顎へインプラント体を埋め込みます。その後、インプラント体と骨が結合するまで待つ期間が必要となります。インプラント体の種類、骨の健康状態、患者さんの体調によって治癒期間は異なりますので、治療の際にご説明させてください。

次へ
3.アバットメント(支台)の装着
土台に被せる、インプラント部分の型取りを行います。患者さんに最適なアバットメントのデザインを選択し、装着します。

次へ
4.人工歯の装着
患者さんの歯の形や色に合うように人工歯を製作します。その後、口腔内にしっかり合うことを確認してから、インプラント体の上に人工歯を取り付けます。

次へ
5.治療後のブラッシングと定期検診
ご自分の歯を同じ様に、食後と就寝前にブラッシングをしてください。インプラントを維持するために、定期的なメンテナンスをおすすめしております。

カテゴリー一覧

子ども~ビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルならぜひご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 治療について » インプラント治療


コールバック予約

PAGE TOP