トップへ » 治療について » デジタル歯科への取り組み » セレックを使った審美歯科の流れ

セレックを使った審美歯科の流れ

1.スキャン(型取り)/歯を削った後に、口内を3D光学カメラで撮影
虫歯などの治療部位を削った後に、3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)します。従来の義歯のように型取りする必要がないことがメリットです。数秒で患者さんの歯がモニター上に映し出されます。

※症例により型取りが必要なこともあります。

次へ
2.修復物設計/コンピュータが、3D画面上で修復物を設計
スキャンした歯列データを元に、モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整をします。設計が終わった後は、患者さんの歯の色に合わせたセラミックブロックの選定作業に入ります。

次へ
3.修復物作製/設計データからミリングマシンが修復物を作製
セラミックブロックを削る、ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、設計データをもとに修復物を作製します。

次へ
4.口腔内にセット/修復物を口腔内へセット
セレックによって削りだされた精巧な修復物を口腔内へセット、治療完了となります。
治療時間は、1時間ほどが目安となります。

次へ
5.アフターケア
患者さんに安心して治療を受けていただくために、当院ではセレックによる審美治療から2年以内でしたら、歯の修復物がとれてしまったり、壊れてしまった場合でも無料で治療させていただきます。2年後からは通常の治療費の20%引きで治療をさせていただきます。
※少なくとも6カ月に1度、継続的なメンテナンスに来ていただける方を対象とさせていただきます。


トップへ » 治療について » デジタル歯科への取り組み » セレックを使った審美歯科の流れ


コールバック予約

PAGE TOP