トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 【当院の特徴】歯周内科/薬を使って口内の歯周病菌を除菌する治療法

【当院の特徴】歯周内科/薬を使って口内の歯周病菌を除菌する治療法

【当院の特徴】歯周内科/薬を使って口内の歯周病菌を除菌する治療法

薬を使って口内の歯周病菌を除菌まず、顕微鏡検査によって、患者さんの口内細菌の種類や数などを調べ、細菌を除菌できる薬の服用や歯磨き粉を活用して、お口の中を清潔にします。歯周病の原因となる歯周病菌を除去することで、歯周病の症状は緩和することが可能です。

歯ぐきを切ったりする手術が不要なため痛みもなく、比較的短い間で治療を終えられるという特徴があります。また歯周内科は、歯周病の予防法としてもおすすめです。

【歯周内科のメリット】患者さんへの負担が少ない
歯周外科をやっていた時期もありましたが、歯周病の原因は細菌なので、すぐに再発してしまうという面がありました。

また、外科を中心にやってしまうと、患者さんに痛みがある治療ですので、当院では歯周内科をメインとした歯周病治療を行わせていただきます。

<歯周内科のメリット>
・お薬による内科治療なので、身体への負担が少なく、痛みがまったくありません。
従来の歯周病治療では、外科手術よって歯石を取り除く方法でした。しかし、歯周内科治療はお薬によって歯周病の原因菌を除去することが可能となります。
・治療回数は最短で1回の服用で済む(※)
従来の歯周外科手術では約10回の通院が必要でしたが、歯周内科治療は患者さんの状態にもよりますが、最短1回の服用で終了します。
※お薬による改善の後は、定期的なメインテナンスが必要となります。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 【当院の特徴】歯周内科/薬を使って口内の歯周病菌を除菌する治療法


コールバック予約

PAGE TOP